DIY アロマルームスプレー

Blog

こんにちは、Ito です。

精油の活用法をあれこれ発信している一児の母です。 

 

    

  

精油に興味を持ち始めてから、

ルームスプレーを作るのが習慣になりました。   

   

ひとつの精油だけで楽しむこともあれば、

2、3種類混ぜてみたり。 

   

      

作ったスプレーを部屋にシュッシュして

「この香り好き?」と娘の反応を見るのが

ちょっとした楽しみです。 

 

作り方もとってもカンタンなので

生活に取り入れやすいと思います。 

  

まず、用意するものは、

精油

遮光性スプレー瓶

無水エタノール

精製水 

メスシリンダー or 計量カップ

  

スプレーの場合、ディフューザーと違って

スプレーボトルやメスシリンダーなど

最初にこまごまと準備するものがあるので

若干めんどうと思うかもですが 

一度揃えてしまえば、好きなときに

いつでも自分好みの香りを作れます。

   

  

▼無水エタノールと精油の濃度

あくまでも私の場合ですが、

無水エタノールは全体の10%

精油は全体の1%になるように作ります。 

その日の気分でほんの少しだけ

多めに入れることもあります。 

  

▼精油の滴数の割り出し方(50ml で作る場合) 

50ml × 1% = 0.5

0.5 ÷ 0.05ml (精油一滴の量) = 10滴←これ

  

▼作り方

①精油+無水エタノール半量を混ぜてスプレー瓶へ。

②精製水+無水エタノール半量を混ぜてスプレー瓶へ。 

③よく振って完成! 

  

最初は無水エタノールの刺激臭が

若干目立ちますが、2、3日すると落ち着きます。

 

私はいつも40mlで作っていて、

1〜2週間で使い切るようにしています。

 

ちなみに。

オーストラリアでヨガのレッスンをしている友人は

毎回手作りアロマスプレーを使って

雰囲気作り(?)をしているそうです。 

たしか柑橘系を使っていると

言っていたけど、それが結構好評らしい。

   

スプレーだから持ち運びしやすいし、

必要な場面でシュッシュすればいいだけなので

彼女みたいに外部でレッスンなどを行う場面でも

役に立つみたいです。

  

  

ちなみに

上記で紹介したような無水エタノール入りの

レシピを大人用&子供用の虫除けスプレーや

スキンケアとして紹介している記事を

ネット上でよく見かけますが、 

エタノール自体肌に刺激を与えますから、 

肌が弱い人は注意した方がいいと思います。

 

私自身、肌が繊細なので(性格は図太いが)、

今回紹介したスプレーのような、

精油を無水エタノールで溶かしたものは

自分の肌にも、もちろん娘にも使いません。 

 

  

ちなみに

スプレー繋がりでもうひとつ、

消毒スプレーに精油を数滴垂らすのもおすすめです。 

 

例として私の使い方を挙げると、

60〜70%に薄めた無水エタノールに

香りづけ程度に精油を数滴垂らして、

それを掃除のときに使っています。 

   

アルコール臭だけよりも、

例えば柑橘系の爽やかな香りや

フローラル系の華やかな香りが加わるだけで

結構、掃除しているときの気分が変わります。 

   

 

おためしあれ!

 

それでは。 

 

Ito

〜ブログランキングに参加しています〜
お読みいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら
ぽちっ!としていただけると
嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Blog
Ito's Blog

コメント