共感、共有できる存在って。

Blog

こんにちは、Ito です。2歳の娘がいます。

  

    

週末、同じ2歳の子をもつ友人宅にお泊まりしました。  

   

 

彼女とは、付き合いが長い(かれこれ10年?)ということもありますが、お互い同い年のこどもがいるということで、お互いの話に共感する場面がたくさんあります。

   

    

公共の場で癇癪起こして

「んもぉーやめてくれ!」ってなったとか

料理しているとき足元でちょこまかして困るとか

トイレに行くときくらいひとりになりたいのに、

トイレまでついてくるとか

食事のこととか。 

  

   

「悩み」というほど深刻ではなくて、ひとつひとつのことは小さいことなんだけど、「ソレわかるー!」って共感してもらえただけでずいぶん気が楽になります。

 

   

あ、うちだけじゃないんだって。

やっぱりみんなこんなもんか、っていう再確認というか。

    

   

子供と一緒にいる時間が長い、

母親同士だからわかること。

     

  

なんなら、夫のことも、

Tシャツとか靴下とか、履いて捨てるほどあるのに、

かなりの頻度で新品を買い足すの

まじで意味わからんとか(笑)  

 

  

「わかる〜うちもだよ〜」って(笑) 

   

    

 

    

日頃の鬱憤を自分一人で消化するという方法もあるけれど、だれかに話を聴いてもらった後の心のスッキリ加減ときたら! 

   

    

     

   

そのことに改めて気づいて。

 

オイルトリートメントの仕事を始めたら、心もスッキリするような、そういう時間を提供できたらいいなぁって思いました。

 

    

  

 

 

 

それにしても、2歳児がふたり揃ったときの威力。

  

双子ちゃんや年子のお子さんがいる親御さんたち、

つくづくすごいなぁと思います。

 

  

   

おともだちがいるってことでテンションは普段の数倍。 

うるささも普段の数倍。 

     

      

仲良く遊んでいると思ったら

いきなり喧嘩はじまって

一斉に泣き出したときにはもう(笑)

    

    

いろんな意味でめんどくさいのも普段の数倍。 

 

      

だけど楽しさ数百倍みたいな。

  

     

「んもぉ〜!!」ってなりつつ、

最終的には、こどもたちの笑顔や行動に

大笑い。 

 

 

   

オンラインのつながりもいいけど、

やっぱり、直接会って、

こういう時間を共有したり

些細な悩みを共感できる存在ってありがたいなぁ。

   

 

そんなことを思った今日この頃です。  

  

   

  

  

それでは。 

 

Ito

 

 

〜ブログランキングに参加しています〜
お読みいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら
ぽちっ!としていただけると
嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Blog
Ito's Blog

コメント