たった3種類のスパイスでカレーが作れることを知った

Blog

こんにちは、Ito です。2歳の娘がいます。

 

 

この度、たった3種類のスパイスでカレーが作れることを知りました(友人に教えてもらった)。

 

 

   

   

使うのはこちらの3種類。

 

クミン、コリアンダー、ターメリック。  

 

 

「それぞれどんな役割?」と思って調べたところ、

スパイス協会のホームページによると、

クミンは、カレーの風味づけ、

コリアンダーも風味づけ(「味のまとめ役」と言っているサイトもありました)、

ターメリックは着色料、とのこと。

    

    

この3種類だけだと辛さはまったくなくて、2歳児でも違和感なく食べられるくらい。グーグル先生によると、ガラムマサラを入れると辛さが加わり、全体的にカレーっぽさが増すらしいです。

  

  

      

ということで、カレールーから

スパイスに切り替えてみました。

         

材料もほぼ一緒(ニンニク、生姜、野菜たち、肉)、

作り方もほぼ一緒(炒めて煮込む)、

大きな違いは味付けだけ!

       

味付けは、

3種類のスパイス+岩塩+適宜ケチャップ。

  

    

芋系(時々かぼちゃ)以外の野菜は

ミキサーで砕いて存在感を無くすというのが

野菜をなかなか食べない娘に対する

ささやかな工夫です。 

 

野菜が小さいと、火の通りも早くてイイ◎

 

なにより、市販のカレールーで甘めに作ったときよりも、

スパイスで作った方が娘の食いっぷりがよいのです! 

これはほんっとーに嬉しい◎

    

       

汁気は少なめに作って、

次の日は夫のお昼ごはん用にカレーサンド化。    

     

 

オーストラリアの山奥に住んでいた時、一緒に住んでいたオーナーがやたらインドカレーが好きな人だったので、よく、スパイスやハーブからカレーを作っていたんですが、それこそ数時間くらいかけて作った記憶があって。

 

そんな思い出から、「スパイスやハーブから作る=時間がめちゃくちゃかかる」と認識していたけど、案外ちゃちゃちゃーっと作れるもんだなぁと。  

  

      

まだ試したことのない方、ぜひ。

パスタソースやハンバーグなど、

他の料理でも活用できるのでオススメです。

 

   

   

ちなみにスパイスの比率については、

1:1:1にしているレシピもあれば

ターメリックだけを少なめにしているレシピもあったり、

いろいろありました。 

    

私はターメリックだけ少なくしてみたり

コリアンダーを多めにしてみたり

テキトーに混ぜています。

     

   

毎回測るのが億劫なので、

小さい容器にあらかじめ混ぜているんですが、

地味に手間が省けるのでおすすめです^^

     

    

     

 

 

    

それでは。 

 

Ito

〜ブログランキングに参加しています〜
お読みいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら
ぽちっ!としていただけると
嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Blog
Ito's Blog

コメント