「毎日食パン生活」を辞めた結果、娘のお肌に嬉しい変化

Blog

こんにちは、Ito です。2歳の娘がいます。 

 

2週間ほど前に食生活を見直す!と決めたとき、真っ先に変えようと思ったのが娘の「毎日食パン生活」でした。 

今日は、以前書いた記事の続編というか、予想外の嬉しい変化があったので、そのことについて書きたいと思います。

   

***

   

食パンLOVERになっていた娘・・・

ほんっとーに毎日食パンばかり食べていました。

    

このようなかんじ。

朝:パン、おかずちょろっと、ヨーグルト

昼:保育園の給食(※ ほぼ炭水化物のみ)

夜:パン、おかずちょろっと、果物

 

土日は昼もパン。米を出そうが麺を出そうが、何を出そうが「いっただきっっまぁーす!(※ 勢いだけはある)」と同時に「パン!」。

   

この頃娘の身体を構成していたのは、ほぼ食パンと言っても過言ではありません。 

 

そんな娘を見て、私はというと・・・

食パンの量をおさえたいと思いつつも、

「炭水化物だけでも成長する!」

「大きな病気もしていないし大丈夫!」

「きっとこの年齢はこういうものなんだ!」 

と思い込んで、放置していました。なにより、食パンをあげないと、ほんっとに癇癪がひどくて、それが耐えられなくて「じゃ、半分だけね・・・」と。(※ と言いつつ最終的に1枚くらいあげてた)  

 

  

まぁ諦めていたのだと思います。

   

   

そんな矢先、同い年の子をもつ友人と会ったのを機に、娘のパン生活にピリオドを打つべく、食生活の見直しに至ったわけです。  

    

     

そして、あれから2週間。

娘のおでこに変化が!!

  

   

以前は、おでこ全体にかけて汗疹のようなポツポツがあったのですが、ふと気づいたら、それらがすっかりなくなっていたのです。

 

ご覧ください、このキレイな噴水ヘア・・・じゃなくておでこを。  

 

 

以前のおでこを写真に残しておらず、比較できないのが残念。

   

特に検査をしたり、お医者さんに言われたりしたわけではないので、発疹の原因が100%食パンや小麦粉だとは言い切れませんが、ここ最近の食生活の変化から考えると、私は食パンの食べ過ぎが原因だったんだと思っています。

 

というか発疹がでるほどに食パンを与え続けていた私って一体・・・(汗)  

 

あのまま発疹が治まらずに病院へ行っていたら、無駄にステロイドとか処方されていただろうな・・・。 

  

ごはんやおかずをしっかり食べるようになったことにより、今では「パン!」と言う回数も激減しました。もし言ったときは米粉パンをあげています。ずっしりしているからか、半分で満足するらしい。

     

いつも食べている米粉パン。

  

  

YOU ARE WHAT YOU EAT

--あなたはあなたが食べるものでできている。

--何を食べるかで、あなたの健康は決まる。 

  

       

そういえば英語にそんなことわざがあったなぁと思い出しました。 

 

    

それでは。 

 

Ito

  

保育園へ迎えに行く時、噴水ヘアーのおかげですぐに娘の居場所がわかる図。

  

〜ブログランキングに参加しています〜
お読みいただきありがとうございます。
いいね!と思ったら
ぽちっ!としていただけると
嬉しいです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Blog
Ito's Blog

コメント